<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「めぐりあいは再び 2nd」

今年 最初の宝塚観劇は星組の「めぐりあいは再び 2nd」でした。
お席は去年から引き続き(笑)良席。
前から2列めのどセンターです。
もうSS席でしか見られない体になりそう(笑)
こんなに抽選があたりやすくなるなんて とうとう宝塚の人気も下火になってきたのか?
いえいえ 次の「ベルサイユのばら」はチケット取れず
月組はお休みかな。


さて 前から2列目のお席(←しつこい) 近くに湖月わたるさんが来られました。
ひとつあけて みさとまやさん 七帆ひかるさん。
わたるさんのお隣は わたるさんが大きくて見えません。
もしや 朝海ひかるさん!?
いつもなら決してしないのですが(笑)ついのぞきこんでしまいました。


・・・おじいさんでした。 



日本物のショーは 「さくらのボレロ」が圧巻。
ちえちゃん 以前の日本物のときより格段に日舞がそれらしくなっていました。
出ずっぱりの踊りっぱなし。
今さらながらトップさんはここまでやらされるのか。やれるのか。できるのか。と
感心 感動でした。

ねねちゃんもちえちゃんも背が高いぶん お腰をいれると膝の負担が大きいだろうな
なんて心配してしまったり(笑)

でも全体的には プログラムも買わない初心者には中盤はわけがわからず・・・。
これを本当に台湾に持っていくの?
日本物はヘンにストーリーを作るより きれいに歌って踊っていたほうが モニョモニョ。


「めぐりあいは再び 2nd」では ウワサのねねちゃんのあひる口を間近で見ることができました。
「~ですぅ」なんて娘役トップのセリフは ねね姫だから許されるかと(笑)

個人的に男役さんに遠慮 萎縮しているように見える娘役より 
丁々発止できる娘役が好きなんです。
星組のコンビは ゴールデンコンビになっていますね^^

ショー「Etoile de TAKARAZUKA」も楽しいショーでした。
ちえちゃんのさそりのダンス。
ちえちゃんは黒燕尾より こういうダンスのほうが好きです。
見ていて気持ちがいいくらい体が動いて・・・いいなぁ(羨ましがってどうするww)

それにしてもショーで使われている衣装が・・・
「これなつめさんのころから使われているよね!?」
劇団はものもちがいいですね~(笑)
[PR]
by kamakuracom | 2013-01-25 20:05 | 観劇 | Comments(0)

五右衛門ロック

劇団☆新感線というものをずっと見てみたいなと思っていました。
2年前「薔薇とサムライ」がかかったときに
「今がその時か!」と思ったのですが 縁がなく
去年「髑髏城の七人」も同じく。

やっと今年になって「五右衛門ロックⅢ」を見に行くことができました。
渋谷の新しい劇場「シアターオーブ」です。

ゲキシネで「薔薇とサムライ」は見ていたので
新感線がどんなものなのかはわかっていましたが
最初にエレキギターの音が鳴り響いたときは ゾワゾワと興奮しました^^
今でこそクラシックしか聞かなくなりましたが
中学生のころはロック大好き レコード(懐かしい)を買ったり
「rock show」という雑誌を買ったりしていたので。

「五右衛門ロックⅢ」は 三浦春馬くんが準主役。
テレビでは優しそうな男の子のイメージでしたが
なんとすごい運動神経の持ち主。
最初甲高い声で誰だかわからないくらいでしたが(笑)
ダンスもとっても上手!
芸能人って 歌舞音曲なんでもできるんだな~と感心してしまいました。

蒼井優ちゃんも さすがバレエ少女だっただけあって
バレエ風のダンスも キレのいいダンスも目を見張るくらいうまい。
身のこなしが 本当にネコみたいで役の女盗っ人にぴったり。

ただ宝塚を見慣れているせいか もっとお化粧をきれいにすればいいのに・・・とか
娘役なのにあんな大口あけて 顔をぐちゃぐちゃにして・・・とか
はじめに思ってしまったのは内緒(笑)

でもテレビドラマや映画は きれいなところを切り貼りしているような感じで
舞台の汗まみれ 360度いろんな角度からから見られているというのは
本当にその人の芸が出るような気がして
ホンモノの芸能人だな~と思ってしまいます。
蒼井優もかわいいだけじゃないんだなって(エラそうですか?すみませんww)


舞台構成も音楽もなにもかもがド迫力で楽しめました。


上演時間が長いので これは休憩なしでいくのか?と思ったくらい。
帰り道がラッシュになってしまうのと 帰宅時間が遅くなるのが
主婦にはツライところかな。
一度めは(2回見たのだww)ちびすけから電話が入り
「かぎと携帯を持って出るのを忘れた!」
渋谷から走って帰りました。
あんなに言っておいたのに
「バカチンが!」←これ セリフねww
 
[PR]
by kamakuracom | 2013-01-17 23:11 | 観劇 | Comments(0)