<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「マクベス」

シェークスピアが好きだったりもします。
とくに「マクベス」は 「きれいは汚い 汚いはきれい」など 含みをもった
有名なセリフが多いので 四大悲劇のうちなかでも 一番おもしろいと思っていました。

シェークスピアを劇で見るのは 以前蜷川演劇でアレルギーをおこし(笑)
遠ざかっていましたが 今回 また興味をもって恵比寿まで行ってきました。

恵比寿エコー劇場。
しばらく帝劇ばかり見ていた 私には 「え?これが劇場?」というくらい狭い劇場。
横浜の映画館だって ここよりは大きいぞ^^

手をのばせば 出演者がさわれそうなお席で 始まりの時を待ちます。
劇団「AUN」

最初 顔を白塗りした魔女が3人。
真っ暗な中から 突然現れたときには 「あちゃ~ 蜷川再び? 選び違えたかも(汗)」と
思ったのも 束の間。
衣装は 黒の皮コートにブーツといういでたちでしたが
しっかりとシェークスピアでした(笑)

それに この劇団初めて見たのですが イケメンの多いこと♪
目にも楽しめます^^

舌をかみそうな 長い会話。
「いったい何がいいたいの? 結論から言いなさいよっ!」と
後ろから 頭をハリセンでどつきたくなるような もってまわった言い回し。
シェークスピア特有のセリフを マイクもなしで 演じてる。
すごい腹筋なんだろうな~と 感心していたのは 最初だけ。

こちらと あちらでは ほんの何メートルしか離れていないのに
まったくの別世界でした。

マクベス夫人の 安寿ミラさん。
私が マクベス夫人に対していた イメージとは少し離れた 人間っぽい
奥方でした。

氷の微笑が似合うような
「世間をあざむくためには 世間と同じ顔をしていなくては」を 想像していたのです。

夫の悲しみ 苦しみに 同調して 狂っていく様子でした。

本って どのようにも解釈できるんですね~^^


しかし 安寿ミラさん 失礼ながらヤンさんより美人はたくさんいると思っていました(笑)
いやいや 役者さんたちの中にいて 鶴のようでした。
細くて小さいのに ものすごい存在感で 圧倒されました。


大掃除をサボって 見に行った甲斐がありました!




 
[PR]
by kamakuracom | 2008-12-28 06:43 | 観劇 | Comments(0)

お散歩

天気予報では雨のはずだった・・・?
晴れやかないい日でしたので ひさしぶりにカメラをもってお散歩。

長谷にいって・・・御霊神社へ。
c0150571_17464840.jpg

季節が季節なので(笑) 人は少なめ。

江ノ電を撮ろうとしている 人たちがちらほら。
私もがんばって^^
c0150571_17481389.jpg


おだやかな昼下がり・・・と思えましたが
海をみると 三角の白い波。
冬の海ですね。
c0150571_17495980.jpg

[PR]
by kamakuracom | 2008-12-21 17:50 | 鎌倉 | Comments(2)

最近の読書事情と 「レッドクリフ」

本を読むときは 一冊づつではなく 何冊も同時に読んでいます(笑)

ストーブの前に一冊 それぞれのカバンの中に一冊づつ そしてお風呂で一冊^^

最近読んでいるのは 海堂尊の本。
「チーム・バチスタの栄光」から 始まった病院もののシリーズ。
当初の登場人物たちも どんどんキャラがたってきて 面白くなってきましたし
そこから派生してきた 物語たちも どんどん広がって 次々と読んでいってしまいます。

この頃の医療の問題点を 医者の視点からみている小説なので
今の 医療制度のこともわかるので 興味深いんです。

登場するのは 救急医療に立ち向かう 若手医師だったり
産婦人科医療が崩れ落ちるのを 止めようとする女医だったり。
カッコイイのです(笑)

フィクションなんだけど リアリティーが感じられるところもあります。


お風呂の中では 「三国志」
高校生以来の中国史です。
歴史の勉強になると 覚えられなくて大変だったのですが
小説になると いいんですよね~。
格言名言なるものが 随所に光っていて楽しい♪

いつか 私が天下をとるときにはww 参考にさせてもらいたい小説です。

なぜ 今「三国志」なのかは・・・もちろん「レッドクリフ」の封切に合わせてですよ(笑)

トニー・レオンのファンなので 待ちかねていましたが
夏ごろからめまいで 困っていたので なかなかアクション映画を見に行く元気がでなくて^^
やっとです。

諸葛孔明(金城武)の 淡々としたようすで 小さく笑うところが いいですね~。
周瑜(トニー・レオン)は 優れた軍人でもあるのですけど
人の心を掴むのが 上手。
兵をまとめあげるのは 規律だけではなく
徳と優しさでしょうね・・・。

将軍 軍人 それぞれの持ち味を出して 魅力的な人がいっぱい。
中国には こんな武将がいたんだろうな~。

きっと この人たちみんな死んでしまうだろう パート2は見たいような見たくないような(笑)

いつでも冷静な 諸葛孔明が頭を冷やすためといって いつも持って歩いていた
猛禽類の羽根の扇が 印象的。
私も イライラすることがないように 寿司めしを冷やすための うちわを持って
あるこうかな^^

それにしても トニーには 絶対 美人女優がついてまわる^^
彼自身は めちゃめちゃ男前というわけでもないのに 美人と並ぶと いっそうひきたつ
俳優さんなのでしょうね。

で、「三国志」ですが とにかく長いので 天下をとるまでに
フヤフヤの しわしわになってしまいそうです。 本も私も(笑)


 
[PR]
by kamakuracom | 2008-12-13 14:57 | Comments(0)

テイゴク劇場と シャンパン

c0150571_15182441.jpg

「東京は空が狭いね。」と娘が言います。

「エリザベート」貸切に行きました。
隣で涙をぬぐっている娘を感じながら 私は泣けないな~と思っていました。
感動していないわけじゃないんです。
ただ セーブしながら見ている。

最近 気弱になることがあって あまりにも「エリザ」の世界に入り込むと
日常生活に戻れなくなりそうで(笑)


終演後には 朝海ひかるさんから挨拶がありました。
「皆様 今日はテイゴク劇場に・・・」(ぷっ)

コムちゃんの挨拶のカミカミは ファンにはお馴染み(笑)
かえってコレが 素のコムちゃんが垣間見えて 楽しみでもあるのですが^^

この日は 自分のほっぺを叩いて反省するコムちゃんでしたが
それが マイクが音をひろってしまい
「ベキッ!バキッ!」 なんともいえない衝撃音が劇場中に響いてしまいました。

これが コムちゃんのツボにはまってしまったらしく もう笑いがとまらない^^
顔を覆って二つ折れ(笑)
うしろの共演者さんたちを振り返って 救いを求め・・・。

すると 山口祐一郎さんが 両手を広げて近寄ってきてくださって
コムちゃんは その胸の中にとびこんでいきました^^

まるでトートとシシィ・・・
というよりは かなり面白い場面でした。

山口さんは その後をひきついでの挨拶で 何も言葉を発する前に
噛んだフリして 自分のほっぺを びしっ!ばしっ!と 叩いて。
本当にお茶目な方ですね~。
そして なんて優しいんでしょう。


終演後は 娘たってのリクエストで 千疋屋さんに行きました。
いちごパフェと いちごがたっぷりのフルーツサンド。
え?二つも頼むの?
バレエをさぼってきているのに この食欲・・・。いいのか・・・?

めったに来れないところなので まぁいっか(笑)

ということで 私はシャンパン。 どういうことで なんだか(笑)

c0150571_15203784.jpg

[PR]
by kamakuracom | 2008-12-09 15:23 | 観劇 | Comments(2)

宙組「Paradise Prince」

宝塚を見ると元気がもらえる!
特に宙組^^

トップのタニちゃん以下 若手がひしめきあって 
いい意味でピラミッドが完成しきれていないので
誰がスターになってもおかしくない。
だから見ていて気持ちがいいくらい 一生懸命が伝わってくる。

そして 宙組の好きなところは もうひとつ。
寿つかささんや 天羽珠希さんのような 上級生もきれいなままの男役さんでいてくれて
一列目で ビシバシ踊ってくれるところ。
やっぱり 元気をもらえます。

お話は 「自分を信じていれば 夢はかならず叶う」
おとぎ話のようだけど 普段 ドライブモードに入りっぱなしの私には
ちょうどいいお話。

c0150571_0341583.jpg


終演後 友人と「私たちは こんな作品が観たかったのよね!」と。
こむずかしいことを考えずに エネルギーを補充してもらえる(笑)

夢は叶うって 思わせてくれる。
「ね、ひまわりちゃんの夢ってなに?」

・・・私 いま夢ってナイかも・・・(どよ~ん)
でも 今は家族の夢の応援団でいいのかも。
そのうち 願っていれば夢もできるかもしれない♪ とどこまでも
前向きになれちゃう午後でした。
[PR]
by kamakuracom | 2008-12-08 01:24 | 観劇 | Comments(0)